【六本木】『黒猫夜』で年に一回の幻のランチ!?

この記事はこんな方におすすめです

・隠れ家的オサレ中華でランチタイムを楽しみたい方

皆さんこんにちは!本能の女飯です。

今回は以前ブログでも紹介した「黒猫夜」六本木店で、年に一回しか提供されないと噂のランチを楽しんできました。その様子をレポートします!

黒猫夜ってどんなお店?

ホントにやってる?

改めて、こちらのお店は赤坂や銀座にも店を構える中国料理のお店。ただのオシャレ中華じゃあありません。結構マニアックな中国料理や中国酒が揃うとっても面白いお店です。

黒猫夜 六本木店

【六本木】『黒猫夜』で魅惑の中華Night

六本木店は六本木駅6番出口から徒歩約3分くらい。ビルの4階にあり、「あれれ?ここで大丈夫?」と思う怪しい店構え。重たい扉を開けるとスパイスの香りがふわぁ~、っと広がります。

うん。怪しい。この扉は怪しい。

さぁ、このいかつい扉を開けてみよう!ええい!(押すのかな、引くのかな、アッ…。)

麻婆豆腐土鍋ご飯(990円)

ランチは週替わりで一種類のみ。今週は年に一回しか提供されないという幻の「麻婆豆腐土鍋ご飯」!!

ディナーで提供している麻婆豆腐とは違うランチだけのオリジナル麻婆なんですって。これは食べねばと訪れたわけです。一種類のみなので、席につくとサイズを問われるだけ。(大盛りは∔200円)

メインの土鍋ご飯にサラダ、スープがついています。土鍋なのでアツアツ・ぐつぐつ~~~!!

火傷に注意しながら、ふ~~~っと一口。おお!ジャリッと花椒だ!丁寧に細かく切られたネギのシャキシャキと醤の甘みとコク。最初は醤の甘さに舌が反応しますが、じわじわと辛さや花椒が追い上げる。挽肉にもしっかり味がついています。

もともとご飯と一緒になっているからカレーみたいだな、なんて思っていたのですがやっぱり若干クミンの香りがするような?全体的に香りがとても良いです。

それで何といっても面白いのがお米細長いジャスミンライスのようなお米で、これが意外にも麻婆に合う。香りが強すぎないっていうのもあるのかな。とっても食べた感じが軽くて、そして鍋に焦げついた部分がカリッとおこげに。

まとめ

ランチもディナーも訪れた人の記憶に残るようなとっても素敵なお店。いつもいつもランチの土鍋ご飯が美味しそうで、麻婆豆腐に限らずまた訪れたいです。

個人的に辛いものが好きではあるのですが、麻婆豆腐は「絹豆腐」・「甜面醤の甘さが効いている」・「花椒が効いている(香りが良い)」・「肉感がしっかりある」ものが好きでして、ここの麻婆は好みのものだったな。

最後まで読んでいただきありがとうございました!ではまた次の投稿で🖐✨


黒猫夜 六本木店

東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル 4F

TEL:050-3188-0256

営業時間:

ランチ  月~木 11:30-14:00(L.O13:30) 
ディナー 月~金 18:00-23:30(L.O22:30)/土 18:00-23:00(L.O22:00) 

※緊急事態宣言に従い、1月8日から2月7日まで、以下の営業時間に変更中。詳しくは公式HPに。

定休日:日・祝日

HP:http://kuronekoyoru.com/

辛さレベル:★★★

 痺れレベル:★★★★

花椒の香りレベル:★★ 

翌日へのダメージレベルなし

レベルについて